2011年03月11日

竹中直人の放送禁止テレビ

竹中直人の放送禁止テレビ 001.jpg

俳優・監督として活躍する竹中直人が、若き日に手がけたブラックな笑いの数々!
クイズ「誰の葬式でしょう」や、「車椅子の正しい使い方」など、死人や障害者をも平等にネタにして大のおとなたちがハッチャける姿は、開いた口が塞がらないこと間違い無しで、まさに文字通り「放送禁止」と言えるでしょう。
吹越満、久本雅美、柴田理恵、林家こぶ平(現林家正蔵)他出演。

あ、エログロも満載なんで、ご家族・お食事中の視聴は控えてください(笑)












posted by 比企コモロウ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

私家版

私家版 003.jpg

編集者エドワードの元に持ち込まれた一作の小説。しかし、それは彼が心の奥に秘めていた悲痛な想いを呼び覚まさせることとなり……
フランスの人気キャスターでもあった『趣味の問題』のベルナール・ラップ監督、『プリシラ』『イギリスから来た男』のテレンス・スタンプ主演の書籍を巡るサスペンスです。
書籍業界が舞台なだけに全体的に静謐で上品なタッチの演出ながら、本を利用した復讐のトリックの巧妙さには唸ります。知的さと執念深さが入り混じった主人公を怪優スタンプがさすがの名演。


私家版 [DVD]

中古価格
¥12,500から
(2011/5/8 18:10時点)















posted by 比企コモロウ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 洋画(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒ.jpg

いつもの登校風景。いつもの教室。そして、いつものクラスメイト…、のはずだった…。
人気ライトノベル『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズの中でも、映像化を待望されていた『〜消失』の劇場版アニメです。
SOS団の存在しない平行世界を舞台に日常を取り戻そうと奔走するキョンの奮闘と、「あの人」の秘めた想いを絡めた、シリーズ中でもスケールの大きく、かつ切ない青春ドラマに仕上がってます。

でも、キョンと並行世界での「あの人」との絡みはラブコメてきにももっと欲しかったし、元の日常に戻るか否かの葛藤もその方が大きくなったんじゃないかな? とも思ったり。

涼宮ハルヒの消失 限定版 [Blu-ray]

新品価格
¥6,993から
(2011/3/9 02:59時点)





しかし、ハルヒはアニメ2期で評判が落ちたりもしましたが、近年のラノベ原作の中でも根強い人気がありますね。学園ものの日常が基本にあって、その上でSF設定を絡めて物語を広げているから入りやすいんでしょうか。後は普通人としてのキョンの視点の存在ですね。
丸っきり架空の世界が舞台だったり、普通に科学と魔法が日常に同居してる普通人不在の世界観だったりすると、その辺に耐性のない非ヲタ・ライトヲタ(私も若干こちら寄り)は敬遠してしまいますからね。

そんなハルヒシリーズ、久々の新作

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)

新品価格
¥1,260から
(2011/3/9 03:27時点)















posted by 比企コモロウ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

エディ・マーフィー ライブ!ライブ!ライブ!

エディマーフィー ライブ 001.jpg

『ビバリーヒルズ・コップ』『ドクター・ドリトル』など俳優としても知られるエディ・マーフィーのライブです。怒るとイーストウッドになるお母さんや、バーべキューの時に必ず来る嫌な親戚のネタなど抱腹絶倒の一本。
大物アーチストネタや下ネタも満載で、今の目で見ても結構ギリギリ(笑)


ヤフオクで出品しております!早い者勝ち!

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/stmwt460












posted by 比企コモロウ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

フォーエヴァー・ライフ 旅立ちの朝

フォーエヴァーライフ 001.jpg

久しぶりに実家に戻ってきた息子を温かく迎える両親。だが、彼の体はエイズに侵されて、すでに余命いくばくも無く……
『スーパーマン』『ある日どこかで』の俳優クリストファーリーブが監督したヒューマンドラマです。
限られた時間を家族が共に過ごす事で生まれる交流・葛藤・和解を、何気ない会話を丹念に積み重ねることでじっくり描いていきます。家族を見守るように囲む穏やかな自然の映像も静かで優しい雰囲気を引き立てている佳作です。
出演は『ダメージ』のグレン・クローズ、『天使にラブ・ソングを…』のウーピー・ゴールドバーグ、『Dr.ハウス』のロバート・ショーン・レナード他。
クリストファー・リーブは事故に合ってからは大々的な活躍はないまま亡くなりましたが、それでもこういう作品を撮っていたと思うと、もっと長生きして製作者としても映画に携わって欲しかったと余計に感じます。


ヤフオクで出品しております!早い者勝ち!

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/stmwt460












posted by 比企コモロウ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。