2011年02月14日

ハドソン河のモスコー

ハドソン河のモスコー 001.jpg

ソビエト連邦支配下のロシアで言い知れぬ満たされなさを覚えていたサックス奏者ウラジミールは、ニューヨークでの公演を切っ掛けに亡命を図るのだが……。
『結婚しない女』のポール・マザースキー監督、『ミセス・ダウト』『グッド・ウィル・ハンティング』のロビン・ウィリアムス出演のニューヨークに生きる移民たちを題材にしたヒューマン・ドラマです。
自由の国アメリカの大都会の良い所も悪い所も描きながら、新天地で戸惑いつつもたくましく軽やかに生きていく主人公と、それを助ける周囲の人々の姿に心温まる作品です。

ハドソン河のモスコー [VHS]

中古価格
¥888から
(2011/4/4 23:44時点)















posted by 比企コモロウ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編

グレンラガン 002.jpg

テレビ東京の日曜朝に放送されたロボット・アクションアニメの劇場版の前編です。
本作はテレビシリーズの前半にあたる内容で、地上を支配する獣人軍団とそれに立ち向かう人類との戦いを、穴掘り少年シモンと兄貴分のカミナとの友情を軸に描きます。
本放送を御覧になった方には、徐々に仲間たち(黒の兄妹、ロシウなど)が増えて行き「グレン団」が「大グレン団」へなっていくくだり等が省略されたりして不満もあるかもしれませんが、今時珍しい位の少年漫画的なストレートな熱血展開は、やはり観ていて気持ち良く痛快です。

劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【完全生産限定版】 [DVD]

新品価格
¥5,589から
(2011/3/8 12:41時点)




シモンの青年期を描いた劇場版後編はこちら

劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 【完全生産限定版】 [DVD]

新品価格
¥5,500から
(2011/3/8 12:43時点)















posted by 比企コモロウ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

探偵マイク・ハマー 俺が掟だ!

マイクハマー.jpg

原作は永瀬正敏の『濱マイク』シリーズのモデルにもなった人気小説『探偵マイク・ハマー』シリーズの一作。親友の死に関わる陰謀に立ち向かうアウトロー探偵の活躍を描く。
渋めのハードボイルドと思いきや、アクション・お色気・ユーモア満載と徐々にB級色を増してゆく展開が痛快な一本です。主演のアーマンド・アサンテのダサカッコ良さと、オープニングタイトルは必見!

探偵マイク・ハマー俺が掟だ! [VHS]

中古価格
¥2,000から
(2011/3/3 01:41時点)















posted by 比企コモロウ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴシップ

ゴシップ 003.jpg

ジャーナリズムを専攻する学生達は、ゴシップの研究の為に偽りのスキャンダルをキャンバスに流すのだが……。
ゴシップ=噂話が引き起こしていく影響や疑心暗鬼を、後にドキュメント『不都合な真実』で高い評価を得たデイビス・グッゲンハイム監督が、生々しく描きます。
ジェームズ・マースデン(『幸せになるための27のドレス』)、レナ・へディ(『ターミネーター/サラ・コナー クロニクルズ』)、ノーマン・リーダス(『処刑人』)、ケイト・ハドソン(『NINE』)と豪華キャストの若き日の好演ぶりも見もの。


Gossip (2000) [VHS] [Import]

新品価格
¥6,200から
(2011/6/1 17:24時点)















posted by 比企コモロウ at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ヴァージンブレイド ジャンヌダルクの真実

ヴァージンブレイド 001.jpg

15世紀、フランスを救ったジャンヌ・ダルクは何を信じ、愛し、闘い抜いたのか?
今もなお語り継がれる救国のヒロインの生涯を『ココ・シャネル』のクリスチャン・デュゲイ監督、リーリー・ソビエスキー(『アイズ・ワイド・シャット』『パブリック・エネミー』)主演で描く。
ベッソン版と比べるとあまり奇をてらわず、「救国の英雄」という部分と、「祖国と平和を愛した一人の少女」という部分をバランスよく描き、ジャンヌの魅力に説得力を持たせています。主演のソビエスキーの凛々しさと可憐さは必見!
















posted by 比企コモロウ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。